入眠障害を引き起こす9つの原因

 

入眠障害という寝つきが悪い問題で悩まれている人がいます。

 

なぜ眠れないのかを理解している人と理解できていない人がいます。

 

ここでは、入眠障害の原因について考えていくことにしましょう。

 

ちなみに、睡眠全般の質を高める方法については、こちらを参照してみてください。

 

 

入眠障害とは、文字通り、睡眠に入りにくい状態を表します。

 

最も不眠症を実感する睡眠障害の一つといえるでしょう。

 

いろいろな協会や学会で定義づけをしていますが、大事なことは、

 

『これまでの睡眠とは違っている』

 

ということです。

 

これまでは、10時に眠くなり、すぐに眠れていたのに、最近は、10時にお布団の中に入っても、なかなか眠れず、気づいたら12時を回っていたなんてことが起き始めたら、睡眠障害になりつつあるわけです。

 

ここで気づいたのが、【早期発見】です。

 

この段階で、改善に向かえば大事にならずに済みます。

 

ところが、このような段階では、多くの場合、『明日は寝れる』何て軽く思ってしまうわけです。

 

もちろん、明日は速やかに眠れれば何の問題にもなりません。

 

けれど、明日は?明後日は?もっともっと長く眠れなくなってしまう事って普通に起こるわけです。

 

なぜなら、1日だけ寝付けなかったという場合には、その日の生活の中でたまたま寝付けないようなことが起こった、もしくはやってしまったということで体質化していないのですから。

 

問題は、何日も、何か月も、何年も同じように寝付けない完全なる入眠障害になってしまった場合です。

 

このような場合には、確実にあなたが寝付くを悪くしている身体を作るための生活をしているということになるのです。

 

要するに、入眠障害で苦しんでいる原因はあなたが握っているということになるのです。

 

とはいっても、入眠障害を生みだすために生活をしているわけではないと思いますし、入眠障害の影響で疲れが抜けないからと行っている行動が、入眠障害の原因となっていることもありますので、ここから、日常生活に潜む入眠障害の原因となりうる問題についてお話していくことにしましょう。

 

 

 

1.二度寝が入眠障害の原因

 

入眠障害でまともに寝た気がしないと、朝目が覚めても、二度、三度といつまでも寝ていようとしてしまう人がいます。

 

また、入眠障害だけでなく、中途覚醒というもう一つの睡眠障害を併発していると、寝つきが悪いだけでなく、やっと寝たところで、1~2時間してしまうとまた目が覚めてしまうなんてことも起きてしまいます。

 

すると、意地でも寝ようと努力をし始めます。

 

この結果、自律神経を乱すこととなり、より不眠症を悪化させるための行動になってしまうのです。

 

なぜなら、本来なら睡眠中の自律神経はベースとして副交感神経が働くことになっています。

 

ところが、途中で目が覚めたり、早く目が覚めたりしたその瞬間には、交感神経が動いているわけです。

 

交感神経は活動用の神経ですので、交感神経が働き始めたら動き出さなければなりません。

 

ところが、本人は、意地でも寝ようとするわけです。

 

この『意地で』ということがさらに交感神経に拍車をかけ、寝つきを悪くさせるのです。

 

副交感神経を働かせたいのであれば、ゆっくりと穏やかな状態になっておくことが重要なのですが、この状態ですら努力で作ろうとすると強制力が働き、交感神経の活動となってしまうのです。

 

できれば、入眠障害で苦しんでいる場合には、目が覚めたら、諦めて起きることをしてみてください。

 

すると、その日一日は眠い状態での活動となりますが、その状態が今度の睡眠の寝つきを良くしてくれるきっかけとなってくれます。

 

そんなことからも自律神経を理解することで寝つきを良くするためにも、こちらを参照してください。

 

 

 

 

2.昼寝が入眠障害の原因

 

入眠障害になると、日中に眠気に襲われることが多くなります。

 

従って、昼寝やうたた寝をついついしてしまうと思います。

 

この気持ちは痛いほど理解できるのですが、睡眠とは違うタイミングで寝てしまうと、さらに寝つきを悪くさせてしまいますので、そこはあえて我慢して、何か行動に移す努力をしましょう。

 

昼間の眠気に耐えれば耐えるほど寝つきを良くできるようになります。

 

 

 

3.コーヒーが入眠障害の原因

 

では、日中の眠気を我慢するために覚醒作用のあるコーヒーで我慢しようとし始める人がいます。

 

コーヒーは眠気に打ち勝つための飲み物でもありますので、夜の眠気さえ打ち消してしまう可能性があるのです。

 

意外なことに、不眠症で悩まれている多くの人がコーヒーの愛好家であったりするのです。

 

コーヒーの覚醒作用を抑えるような飲み方をすると、昼間の眠気を抑えられません。

 

眠気を抑えるためにコーヒーを飲んでしまえば夜の睡魔も抑えてしまい、いつまでも眠れない状態を作り上げてしまいます。

 

コーヒーが好きで飲みたいのであれば、朝食や昼食直後だけにした方が身体のためです。

 

入眠障害がない場合には、おやつの時も飲んでいいのですが、入眠障害があるにもかかわらず、おやつの時間にもコーヒーを飲んでしまえば、入眠障害を治すどころか、悪化させてしまう事にしかなりません。

 

できるだけ日中の眠気は動いてごまかし、できる限り早く入眠障害を克服できるようになりましょう。

 

ちなみに、コーヒーを好んで飲まれている場合には、こちらも参照しておいた方が良いと思います。

 

 

 

 

4.マッサージが入眠障害の原因

 

入眠障害が続くと、疲れが持続的にあなたの肩や首を苦しめます。

 

いわゆる肩こりや首こりですね。

 

このようなコリを感じるとさらに寝つきが悪くなります。

 

そこで、多くの場合、マッサージや整体に通い、少しでも疲れを取り除き、あわよくば、寝つきもよくなったらラッキー的な感じで、通い始めるわけです。

 

ところが、マッサージをしてもらった筋肉は徐々に固さが強調されていきます。

 

もんでも揉んでも固くなっていくのです。

 

もしくは、整体で首や背中をボキボキやってもらうと、その場は、スッキリした感じになります。

 

ところが、何度も首や背中をボキボキしている間に、これまでなかった痛みに襲われてしまい、より寝つきが悪くなり、睡眠の質自体が低下し完全なる不眠症に陥る危険性さえあるのです。

 

このようなことから、入眠障害による影響で疲れたりこっている身体をマッサージや整体で改善を図るのではなく、一日も早く入眠障害の原因を理解して、改善に向かわすことで、無駄に苦しむことを回避しましょう。

 

ちなみに、マッサージを受けることがあるのであれば、こちらも参照しておいてください。

 

 

 

 

 

5.薬で入眠障害を抜け出すのは危険

 

不眠症を病院で治してもらおうと思う人は多いですが、実は、この選択はかなり危険です。

 

なぜなら、医師は、睡眠薬を利用することに慣れ過ぎているからです。

 

大きな病院で勤めると、夜間診療も請け負わなければなりません。

 

医師も看護師も、夜勤があれば、昼間に睡眠を取るしか疲れを取り除く方法がありません。

 

かといって、明るく、気温も高く、騒がしい日中に眠ることは、かなり困難を極めます。

 

そこで、利用するのが睡眠薬。

 

そうやって若い頃忙しい日々を乗り切っているので、何の嫌悪感もなく患者さんに出す癖があります。

 

けれど、入眠障害で悩んでいるあなたは、夜勤をしているわけではないですよね?

 

夜勤と日勤が日々入れ替わるような勤務体系であれば、それは仕方ありませんので、薬に頼るのも一つの手段になります。

 

でも、そういう勤務体系ではなく、日中に活動し、夜間は睡眠を取ることが可能であれば、薬に頼ることよりも、速やかに入眠できる状態を作り上げることの方が重要なのです。

 

なぜなら、薬で寝ている以上、ちゃんとした睡眠が取れないからです。

 

一度でも薬を使って寝たことがあれば、理解できると思いますが、決して薬で寝て、スッキリ目覚めることはないでしょう。

 

これは、薬から解け始めたから目覚めたけれど、まだ若干、『薬の効能が完全に切れていない』という状態だからスッキリ目覚めていないのです。

 

 

 

6.近代化が入眠障害の原因

 

現代社会は、科学の進歩と共に進化してきました。

 

どの家庭にも、電気やガスが引かれ、明るく、音があり、いつでも日中のような状態を夜間でも作り上げることが可能になりました。

 

しかも、真っ暗闇の中でさえ、パソコンやTV、スマホなどは、見にくいことは一切なく普通に映像を見たり話をしたりできるようになっています。

 

これによって、昔は、暗くなったら、自動的に副交感神経が活動し始めていたのですが、近代化が進むたびに、夜間も交感神経を活動して良い状態で生活することを、誰もが求めてしまっているのです。

 

その結果、時間だから眠ろうとしても、なかなか寝付きにくくなってしまっているわけです。

 

 

 

7.ストレスが入眠障害の原因

 

入眠障害の原因として筆頭になるのがストレスではないでしょうか?

 

入眠障害だけでなく多くの睡眠障害の原因と言ってもいいでしょう。

 

けれど、何をもってストレスなのかというと、ストレスを感じていないのに、医師から「ストレスのせい」と言われてしまう事もあります。

 

これは、大抵の場合、食事や運動によるストレスだったりするのですが、話が長くなるのでここでは割愛します。

 

問題は、明らかに理解できている精神的なストレスによって、入眠障害となっている場合です。

 

ストレスと言って、

 

良い事なのか?
悪い事なのか?

 

は人それぞれ。

 

  • 緊張やプレッシャー
  • 嫌なこと
  • やらなければならないこと
  • 悲しい事
  • ウキウキすること
  • 大きな期待感
  • 嬉しすぎること

 

これらは、すべて興奮状態を表し、交感神経を高めます。

 

よって、入眠の妨げになる感情ともいえるのです。

 

このような感情を落ち着かせる方法は、たくさんの方法がありますので、こちらも割愛し別の機会にお話しすることにします。

 

 

 

8.運動不足が入眠障害の原因

 

この運動不足が原因となる人は、過去に

 

  • 体育会系出身者
  • 運動クラブ経験者
  • スポーツ経験者
  • 野山を走り回っていた幼少期
  • 育った環境が起伏の激しい場所だった

 

など、一時的にでも、ほぼ毎日身体を使って生活していた人限定です。

 

限定と言っても、大半の人が当てはまる可能性のある話になります。

 

少しでも運動に力を入れていた時代があると、かつて動かしていた筋肉が入眠障害の原因となっていることがあるのです。

 

それは、筋肉の特性によります。

 

筋肉の特性には、筋肉が伸び縮みをすると血液を流せるというものがあります。

 

血液を流すことで、新鮮な栄養素を取り込み、疲労物質を筋細胞から解放していくことが可能になります。

 

ところが、筋肉が動かないと、栄養が運ばれてこないのです。

 

いつまでも疲労物質がたまったままになってしまうのです。

 

そういうことから、疲れが溜まり、栄養を取れていない筋肉は固くなってしまうのです。

 

筋肉が固まった状態を脳内では、ストレス状態と感知します。

 

このようなストレス状態はいわゆる緊張状態と同じようなものと捉えると理解できると思います。

 

緊張している時は筋肉が固まっていますよね?

 

この緊張状態が交感神経を高ぶらせ、入眠障害の原因となっているのです。

 

 

 

9.寝るための準備不足が入眠障害の原因

 

最後に、最も重要な話をしておきます。

 

睡眠には準備が必要です。

 

なぜなら、睡眠中には、

 

 1)消化吸収
 2)疲労回復
 3)身体成長
 4)脳内整理
 5)糞便形成

 

と、仕事量がとても多いのです。

 

この仕事をすべて腸内で行う必要があるのです。

 

すべてが完了しないと、翌日にスッキリさわやかな目覚めを得られることはありません。

 

そのため、睡眠の邪魔になるようなことはできる限り、睡眠前に済ませておく必要があるわけです。

 

それが、

 

 1)筋肉や関節を十分にほぐしておく
 2)呼吸や心臓の拍動を抑えておく
 3)脳内にある考え事や悩み事はすべて書き出しておく

 

最低限この3つは行っておく必要があるのです。

 

仕事から帰ってきて、シャワーを浴び入浴せず、食事を取ったら、スマホやPCで少し作業を済ませて、『さあ、寝よう』と思っても、筋肉を緩めることもしていませんし、目を使い、考え事も作ってしまっているので、寝つきが良くなることはありません。

 

このような問題を解決するためには、個別具体的な対策が必要です。

 

あなたの改善策としてたくさんのヒントが得られるものがこちらにあります。

 

あなたの知らない睡眠不足解消法

イイね! 0
Loading...
  2017.08.26
あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
  名
Mail 必須

あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
Mail 必須

ブログランキング

Menu

Copyright ©  CureHouse. All Rights Reserved.