背中が寒い時の適切な対策の立て方

 

背中に寒気を感じることってありませんか?

 

通常は、

 

背中が寒い=風邪

 

という公式のように、何らかの病気を疑ってしまいます。

 

中には、霊に取りつかれたと思う人もいるかもしれません。

 

確かにそういう場合もあるかもしれませんが、多くの場合には、そうではなく、誰もが理解できる原因があるのです。

 

そして、原因さえ理解できれば誰でも簡単に対策を取ることが可能になるのです。

 

 

 

1.背中が寒いのには2つのパターン

 

背中が寒いのには2つのパターンがあります。

 

 1-1 背骨の捻挫

 1-2 過労

 

この二つのケースで、背中に寒さを感じている患者さんをよく診ることがあります。

 

3種類の背中の寒気と自己改善できる5つの原因

 

さらに、寒いと感じるものを2つに分類すると、

 

1-3 外部からの冷え

 1-4 患部の冷え

 

と、捉えることが可能です。

 

まずは、これらの分類ができてこないと適切な対策が立てられません。

 

そもそも、背骨の捻挫という概念は、医療業界にほとんどなく、私が自己の経験と臨床の中から理解したものなので、一般的な用語ではありません。

 

1つずつ見ていくことにしましょう。

 

 

1-1 背骨の捻挫とは

 

そもそも捻挫という状態は、関節を固定するための靭帯が伸びたことを表します。

 

従って、靭帯が伸びている関節は背骨を固定できずに、動きやすくなってしまうのです。

 

『関節が動きやすければいいのでは?』と捉える人は、多いと思いますが、靭帯が伸びていると、通常よりも動きすぎてしまうので、結果

 

(1)椎間板ヘルニア

(2)自律神経失調症

(3)関節の脱臼

 

などが起きやすくなってしまうのです。

 

 

1-1-1 背骨の捻挫の原因について

 

では、背骨の捻挫はどのような原因で発生するのかを見ていきましょう。

 

背骨の捻挫は、通常外傷が原因となります。

 

 (1)交通事故によるムチウチ

 (2)ボキボキ整体

 (3)自分自身で背骨を鳴らす癖

 (4)スキーやスノーボードでの大転倒

 (5)階段や段差での転倒事故

 (6)殴り合いの喧嘩

 (7)格闘技やアメフト、ラグビーなど

 

などがあります。

 

 

1-1-2 背骨の捻挫の対策について

 

どのようなきっかけで背骨の捻挫が起きようと、背骨が不安定であることに違いはありません。

 

背骨が不安定であれば、そこには血行障害が生まれます。

 

この血行障害が背中の寒さの元になるので、血行障害を改善するためには、まず背骨の安定感を作り上げるのが対策になるのです。

 

では、どのようなことで背骨を安定させることができるのか?

 

それが腕立て伏せです。

 

 

しかも、肘を曲げたり伸ばしたりは不要です。

 

腕立て伏せの正しい姿勢で、維持し続ければ大丈夫です。

 

腕立て伏せの正しい姿勢とは、肩の真下の床に肘を曲げず手をまっすぐ伸ばしてつける。

 

頭は床を見るような位置に置き、頭の天辺からか肩までが串刺しになったような姿勢を取ります。

 

お尻は浮かさず、お腹もたるませず引き上げます。

 

それでいて深い呼吸をし続けるのです。

 

あくまでも背骨を安定化させるための対策ですが、背骨を安定させるだけでは、背中の寒さは抜けません。

 

背骨を安定させるための背中の筋肉を鍛え、しっかりと固定できる筋肉が付けば、対策になるかというと、他の問題が起きてしまうことが多いのです。

 

そこで、重要な事が、呼吸です。

 

腕立て伏せの姿勢をキープしながら、深い呼吸をし続けてみてください。

 

できれば背骨が動くようなイメージで行えるとより強力な対策となるでしょう。

 

 

1-2 過労とは

 

過労というと働きすぎのイメージがありますが、それだけではありません。

 

遊び過ぎや昼夜逆転生活を続けているだけでも、過労状態になってしまうのです。

 

では、過労状態とはどのような状態かというと、端的にいうと、

 

栄養失調であり疲労回復ができない状態

 

ということになります。

 

(1)ダイエットなどで食べなかったり

(2)空腹でもないのに食べたり

(3)満腹なのに無理して食べ続けたり

(4)便秘対策として下剤を長期使用していたり

(5)消化吸収の時間でもある睡眠時間が不安定だったり

 

と、様々な状態で栄養失調状態になります。

質の良い睡眠をとる5つの方法

 

さらに疲労回復は、

 

(1)筋肉が固まっていたり

(2)筋肉の機能を働かせていなかったり

(3)睡眠不足が続いたり

(4)睡眠の質が悪かったり

(5)血流が悪かったり

 

などなど様々な要素で疲労回復が滞ってしまうのです。

 

>>睡眠不足をチェックできる4つのポイント

 

 

1-2-1 過労の原因について

 

先にもある程度書きましたが、過労を生み出す要因としては、

 

(1)働きすぎ

(2)ダイエットのしすぎ

(3)短時間睡眠

(4)ストレスのためすぎ

(5)運動しすぎ

(6)食べ過ぎで睡眠不足

(7)カフェインのとりすぎ

 

といろいろな可能性があります。

 

質の良い睡眠をとる5つの方法

 

 

 

1-2-2 過労の対策について

 

過労の対策には、何をしなければならないかというと、【生活改善】がすべてです。

 

その前に、

 

今の生活の積み重ねが過労である

 

という認識が必要なわけです。

 

重要な対策は、健康三原則を見直すことです。

 

 (1)睡眠時間を規則正しく日々一定を保つ

 (2)今の身体や生活に必要な食事を摂るべきタイミングで取る

 (3)満遍なく身体を動かし筋肉の機能を一定に保つ

 

少し説明を入れます。

 

質の良い睡眠をとる5つの方法

 

 

(1)睡眠時間を規則正しく日々一定を保つ

 

健康を取り戻すために一番睡眠対策になるのが時間帯です。

 

【眠くなったら寝る】というのが重要なのですが、その時間が翌日では問題です。

 

睡眠でもっとも重要な時間帯は、22時から2時までです。

 

従って、22時前には就寝できるようなコントロールが必要になります。

 

そして、平日と休日の睡眠時間帯が崩れないことも過労対策に必要な要素になります。

 

>>睡眠不足をチェックできる4つのポイント

 

 

(2)今の身体や生活に必要な食事を摂るべきタイミングで取る

 

食事は、生きていくためには必要不可欠なものです。

 

そして、生きていくパターンは人それぞれです。

 

そこで、必要な栄養素という考え方になるのですが、『その人その人の生活スタイルに見合った栄養素』が必要ということになります。

 

  • 筋力が必要であればタンパク質中心
  • 動き続けるのであれば炭水化物中心
  • 余り動かず筋力も使わないのであれば、ビタミン・ミネラル中心

 

となります。

 

食べたいから、美味しいから、好きだからで食べ続けることが病気のもとになりますので、過労を改善するには、生活に見合った食生活にしていくことも重要な対策になります。

 

 

(3)満遍なく身体を動かし筋肉の機能を一定に保つ

 

筋肉は伸びるか縮むかで、骨を動かし関節運動を行い身体を動かすわけです。

 

しかも、筋肉の伸び縮みによって全身の血流が決まってしまうので、栄養を回すか止めるかは、筋肉の働きで決まってしまうといえるでしょう。

 

そこで、ラジオ体操のような全身運動を行い、

 

  • 伸びやすい筋肉
  • 伸びにくい筋肉
  • 痛みのある動き
  • 動きやすい動き

 

などをチェックし、状態に合わせて、筋肉を鍛えたり、ストレッチなどで緩めたりすることも重要な対策となります。

 

 

1-3 外部からの冷えによる背中が寒い場合の対策

 

外部からの冷えというのは、クーラーや扇風機の風、そして、気温が低くなっている時の風などが、当たっている場所で感じるものです。

 

この外部からの冷えを感じやすい場所には、上記で上げた【背骨の捻挫】と【過労】の場所で感じることが多いのです。

 

背骨の捻挫は靭帯が伸びていたり傷めているので理解しやすいですが、過労の場所は自覚なく冷えを感じることが多いのです。

 

背骨の捻挫の可能性に関しては、

1-1-1 背骨の捻挫の原因

で、なんとなく判断がつくと思います。

 

背骨の捻挫の可能性が低ければ過労と考えて間違いありません。

 

ここでいう過労とは、直接過労死に結びつく過労と、局所的な筋肉や組織限定の過労があるので、正式な判断は専門家に委ねましょう。

 

どちらかの判断が着いたら、それぞれに適応となる対策をしていくことで、外部の冷えに左右されるような背中の状態を改善できるようになります。

 

1-1-2 背骨の捻挫の対策について

1-2-2 過労の対策について

 

 

1-4 患部の冷えによる背中が寒い場合の対策

 

患部の冷えというのは、背骨の捻挫や過労によって、血行障害を起こしている場所といえます。

 

背骨の捻挫は、靭帯が伸びていて筋肉も働きにくくなっていることが多く、血液を流す力がありません。

 

過労の場合は、栄養失調になっているわけですから、そもそも血行障害といえるわけです。

 

栄養は血液に乗って流れ着くので、血行障害であれば、栄養が届かないことが多いといえるのです。

 

血液には赤血球という温度を生み出すものがあります。

 

この赤血球の数と流れる量が多ければ多いほど、流れが早ければ早いほど、体温は上がるのです。

 

そのためには、寒く感じている場所を、しっかりと必要に応じた対策をしていくことが重要といえるわけです。

 

1-1-2 背骨の捻挫の対策について

1-2-2 過労の対策について

 

 

 

イイね! 0
Loading...
  2017.03.31
あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
  名
Mail 必須

あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
Mail 必須

ブログランキング

Menu

Copyright ©  CureHouse. All Rights Reserved.