ネット問診票を書く症状の根本原因を知る

腰痛と股関節の痛みが治らないたった一つの原因と2つの対処法

キュアハウス院長 中村幸生キュアハウス院長 中村幸生

 

 

あなたは、運動をどのように捉えているでしょうか?

 ●健康には不可欠?
 ●運動不足にならないことが大事?
 ●汗をかかないとやる意味がない?
 ●達成感=運動?
 ●運動をやるにはジム通いを選ぶ?

何となく、

【運動は身体に良い】

と思っているかもしれません。

その常識を変えなければ、あなたに必要な運動法は見えてきません。

ということで、今回は、今行っている運動はあなたに見合っているのか?見合ってないのか?

そして、どのようにすれば適切な運動ができるようになるのか?

ということに関して解説していきます。

まずは、こちらの相談内容をご覧ください。

 

 

━━━━━━  頂いた相談内容  ━━━━━━

平成29年春頃から左の腰と左の股関節に痛みを感じ始めました。

股関節の痛みはジムで運動後時間が経つと固まってくる感覚があって痛みに変わります。

腰の痛みは仕事が終わって夕方以降や朝に強く感じます。

痛みに関しては、ジムや自宅で

 ●ヨガ
 ●ストレッチ
 ●入浴

などで対処しています。

運動が好きなので痛みを気にせずに今までやってる事を好きに楽しんだり新しいダンスとかも楽しみたいと思っていますが、実現するためにはどうすればいいのでしょうか?

━━━━━━  ここまで  ━━━━━━

 
この相談内容で気になるところがいくつかあります。
 
  1. 痛みが左側に偏っている
  2. ジムにはどのぐらいのペースでどのぐらいの期間通っているのか?
  3. ジムで行っている運動内容について
  4. 食事と睡眠のタイミングと質について
  5. 今の身体ではできないようなダンスをやってみたいのか?

 

という疑問があるのですが、わかっている部分だけを取り上げて、この股関節の痛みと腰痛について解説していこうと思っています。

 

 

 

 

1.左股関節の痛みと左腰痛の原因はたった一つ

 

【問題はたった一つ】です。

 

>股関節の痛みはジムで運動後時間が経つと固まってくる感覚があって痛みに変わります。
>腰の痛みは仕事が終わって夕方以降や朝に強く感じます。

 

この二つの痛み発症パターンがすべて答えになっています。

 

細かい部分まで紐解いていくと大変な作業になりますので、端的に解説していきます。

 

股関節に関しては、運動後固まってきて痛みが出ている。

 

腰に関しては、仕事で固まり、一日の中で一番固まる確率の高い朝に痛みを感じている。

 

要するに、筋肉が固まったことにより、股関節も腰も痛みを発しているということになります。

 

 

 

2.股関節の痛みと腰痛を改善するために行っている運動の意味

 

ここで考えなければならないのは、運動のあり方です。

 

ジムでも自宅でもヨガやストレッチを行っている。

 

けれど、痛みが、1年近く続いている。

 

要するに、

 

『その運動は痛みを治すためのものではなく、痛みを作るために行っているんですよ。』

 

ということが、身体から聞こえてくる声になります。

 

要するに、運動後、急速に筋肉が『運動が足りないよ!!』と叫び始めています。

 

また、仕事が終わるころに、運動で鍛えてきた筋肉が『だから何がしたいのよ!!』と悲鳴を上げています。

 

起床時には、『だから昨日も言ったじゃない!!』と筋肉が怒っています。

 

運動は、日常の活動に見合った体を作るための方法です。

 

仕事で使う身体とジムで運動する身体がずれていたら痛みの元になります。

 

日常に足りない筋肉を筋トレで鍛え、動かしていなかった筋肉をストレッチや柔軟体操でゆるめて上げる。

 

これが、【あなたに必要な運動】です。

 

 

 

 

3.股関節の痛みと腰痛を改善するための2つの運動法

 

運動を必要以上に行ってしまうと、日常生活に支障が出てしまうものです。

 

それは、日常に見合った筋肉ではない肉体を手に入れてしまうからです。

 

日常生活に必要な筋肉とは、

 

 1)日常生活で疲労を感じない筋肉(筋肉を鍛える)
 2)日常生活でもう少し動いてほしい関節の柔軟性(柔軟性を高める)

 

この2つの方法だけで十分なのです。

 

そこに、エアロビも、ヨガのような柔軟性も、ムキムキマッチョな筋肉も、まったく非日常な筋肉なのです。

 

だって、そんな動きいらないですよね?

 

必要な人は、競技スポーツを行っている人だけです。

 

あとは、

 

 ●ボディーガードや引越し屋さんのように、力が必要な仕事をされている人たち
 ●バレエやダンサー、ヨガのインストラクターをされている人たち

 

には、日常とは違う肉体が必要になります。

 

従って、将来、このような肉体が必要な身体を、維持するために付けているのであれば、

 

【今の生活では筋肉が使い物にならなくなります】

 

なぜなら、筋肉が硬い状態が多くなると、そこに脂肪がつきやすくなるからです。

 

固い筋肉の柔軟性を、無理に上げようとすれば、それは怪我をするための運動になってしまうからです。

 

運動すれば健康になるというのは、完全な誤りです。

 

日常生活に必要な運動をすれば健康的な状態が手に入ります。

 

ですので、

 

『日常生活にどのような筋肉が必要になるのか?』

 

ということを、見つけ出さない限り、どのような運動が必要なのかが見えてきません。

 

決して無駄な運動をして怪我や病気を増やさないようにしてください。

 

ということで、確実に腰痛と股関節の痛みを改善するための対処法には、

 

 1)運動で疲れてしまう筋肉を鍛える
 2)運動で鍛え固まりやすくなっている筋肉の柔軟性を高める

 

この二つが根本改善に必須の方法になります。

 

 

 

この記事を書いている人
キュアハウス鍼灸治療院 中村幸生

キュアハウス鍼灸治療院 院長。
病院に通うたびに、薬だけが増え、検査をしても『原因不明』と言われる痛みや症状を、ただ取り除くような治療ではなく、生活習慣を見直し、患者さん自身が自力で治すための手段を手に入れ、2度と同じような目に合わないような身体と習慣を身に着けられる治療と情報を提供。

これまで、20年以上に渡り、数々の治療院で経験を積み、施術の実績は80,000人以上。口コミが口コミを呼び、2016年のリピート率は98.7%。

院長の詳しいプロフィール
著作
イイね! 0
Loading...
  2018.02.06
あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
  名
Mail 必須

あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
Mail 必須
あなたを悩ます症状は?決定版!症状別改善ポイント集を無料プレゼント中!

ブログランキング

Menu

Copyright ©  CureHouse. All Rights Reserved.