体質改善を確実に達成する方法

 

体質改善という言葉は、よく耳にする言葉だと思います。

 

けれど、その反面、意外なほど、『体質は改善できない』と信じている人が多いものです。

 

なぜならば、

 

体質 = 遺伝 = 家系

 

と認識しているからなのではないでしょうか?

 

ここでは、その改善できないと信じている体質がどのように生まれ、なぜ治らないと信じられているのかを解説していきながら、改善方法にまで踏み込んでお話しています。

 

『もし、ほんの少しでも体質を改善できる可能性があるのなら』

 

という、希望を持たれている場合には、諦める必要はありません。

 

しっかり読み込んで、できる行動からスタートしてみてください。

 

 

 

 

 

 

1.体質改善を行う上で必要な準備

 

体質改善にはいくつか知らなければならないことがあります。

 

いわゆる体質の原因探しです。

 

どのようなものであれ、原因なくできるものはありません。

 

原因を特定すればするほど、体質を改善できる可能性は極めて高くなります。

 

ただ、誰が原因を探すのかというと、どのような優れた医療機器や検査器具でも見つけ出すことはできません。

 

原因を見つけ出せるのは唯一、体質を改善したいと願っているあなた自身なのです。

 

そういう意味で、あなたが腹落ちして作業に取り組まなければ、改善したくても原因を見つけ出すことができません。

 

原因が見つからない体質は、改善する手段がありませんので、改善不可能となってしまいます。

 

逆に、あなたが、しっかりと体質の原因探しを行うことができれば、体質が改善されるのはもう目の前といえるでしょう。

 

ということで、ここから、どのような原因探しが必要なのかを見ていきましょう。

 

 

 

2.体質改善を可能にする5つの方法

 

体質改善に必要な要素として、以下の準備が必要になります。

 

 2-1 親や親族の体質を把握する
 2-2 体質発動時期を思い出す
 2-3 変わらない生活習慣を見つけ出す
 2-4 症状が発症するパターンを把握する
 2-5 症状が治まるときのパターンを把握する

 

このような、あなたやあなたの親族以外では知るよしもないようなことを考える時間が必要です。

 

でも、この時間が、何年も何十年も苦しんできた、あなたの体質を改善するための貴重な時間になるのですから、楽しみながら、見つけ出していきましょう。

 

さて、ぱっと文章だけ眺めても、何をどのように考え、見つけ出せばいいのかわからないと思いますので、一つ一つ解説していきましょう。

 

 

 

2-1 親や親族の体質(家系)を把握する

 

あなたの、親族には、どのような体質の方がいるでしょうか?

 

母方・父方で違う体質や家系を持っている場合もありますし、同じような体質や家系の場合もあります。

 

家族によっても、人それぞれ違う体質の場合もあります。

 

 1)アレルギー体質
 2)がん家系
 3)肥満体質
 4)筋肉体質
 5)痩せ体質
 6)神経質タイプ
 7)ストレス体質
 8)体育会系気質
 9)虚弱体質
10)冷え体質

 

などなど、体質や家系には様々なものがあります。

 

そして、多くのものが『治らない』と、信じているわけです。

 

本当に『改善しない』『治らない』のかを、しっかりと考えながら、読み進めてみてください。

 

 

 

2-2 体質発動時期を思い出す

 

さて、体質や家系の洗い出しをしていただきましたが、あなたの体質と家系はマッチしているでしょうか?

 

『母方の遺伝だな』
『父の影響による家系だな』

 

と、思う場合もあるでしょう。

 

実際にそうなのかもしれません。

 

でも、実際にはアレルギーならそのアレルギーが発症した時期はいつだったのでしょうか?

 

もし、生まれたその瞬間からアレルギー体質なのであれば、それを『遺伝性の体質』といいます。

 

生まれたときにすでにがんを発症していればがんが遺伝してしまったということになるわけです。

 

だからって『あきらめろ!!』という話ではありません。

 

この遺伝性の体質に関しても後でお話ししていきます。

 

一方では、大人になってから発症したり、親が発症した年齢で発症したりする場合があります。

 

これは、遺伝ではなく『家系による体質』ということになります。

 

こちらも後で解説していきますので、続きを読み進めてみてください。

 

 

 

2-3 変わらない生活習慣を見つけ出す

 

続いて生活習慣を見ていくことにしましょう。

 

あなたにとって欠かせない生活習慣はあるでしょうか?

 

毎日欠かさず行っていることです。

 

食べたり飲んだりしていることもそうだし、寝方や寝るタイミングなんかも重要だったりします。

 

呼吸・姿勢・歩き方・食べ方・食べるタイミング・寝るタイミング・日々の運動・週末の運動・ついつい使ってしまう言葉・荷物の持ち方・力の使い方・思考の仕方などなど

 

あらゆるものが習慣です。

 

そして、あなたが小さな頃から変わらず行っている行動が、今の体質の中核を担っていたりします。

 

日々の動きが、筋肉を作り、動きの癖を作り、血流を決めています。

 

日々の食事が、あなたの身体を作り、感情を作り、内臓を働かせています。

 

日々の睡眠が、食べたものを消化吸収させ、筋肉や骨を成長させ疲労回復を行い、脳内の記憶を整理させます。

 

こうやって体質は作り上げられているのです。

 

質の良い睡眠をとる5つの方法

 

 

 

2-4 症状が発症するパターンを把握する

 

日々何らかの症状が出てくることがあります。

 

この『症状の意味』は、『症状が出る前に起こなった行動が、今の身体に合っていない』という身体からのサインなのです。

 

従って、

 

症状が出た ⇒ 直前に何をした? ⇒ 直前ではなかったらこの1週間は?

 

と、過去をさかのぼって行動を振り返ると、そこには必ず、【症状の原因】があるわけです。

 

一般常識では、症状の原因を『何らかの病気』と思いがちですが、本質的な原因とは、

 

あなたの行動が症状の原因なのです。

 

そして、もう一つ、ここまで話してきた体質の問題です。

 

どんな行動したとしても、その行動の後に症状が出る人と出ない人は必ずいます。

 

この違いが体質です。

 

症状を改善することばかり考えていると、体質は放置されます。

 

そのため、症状が改善できたら、『治った』という判断となります。

 

すると、同じような生活習慣を繰り返すことで(症状の原因)、同じ症状を何度も再発させることになります。

 

こういう再発を繰り返すような問題を根本から改善する意味でも、体質改善は大事なわけです。

 

 

 

2-5 症状が治まるときのパターンを把握する

 

ここまでは、症状が出ることにフォーカスしてきましたが、ここでは、治るパターンに関してを考えていきましょう。

 

  • 薬で止めている
  • 時間が解決してくれる
  • 寝れば治る
  • 食べれば落ち着く
  • 病院や治療院に通い治す
  • 運動して治す

 

人それぞれ改善の仕方には違いがありますが、何かパターンを持っているものです。

 

これは、先に話した、症状が出るパターンの逆バージョンですので、この『治るパターン』を日常生活に取り入れると症状が発症しにくい生活ができるようになるわけです。

 

 

 

3.遺伝性の体質を理解し克服する方法

 

遺伝的な要素がある部分は、以下の二つです。

 

 3-1 骨の大きさと形
 3-2 内臓の状態

 

それぞれの考え方を見ていきましょう。

 

 

3-1 骨の大きさと形

 

骨格というのは、親に似ると言われます。

 

現実問題その通りだと思います。

 

ただし、どちら側に似るのかは、わかりません。

 

夫婦で同じような骨格であれば、家族全員同じような骨格になります。

 

ところが、夫婦の骨格が明らかに違う場合には、子供の中でも、

 

  • 父親にの人
  • 母親にの人
  • 夫婦の特徴を併せ持った人

 

という感じで別れたりします。

 

ただし、これは骨だけの話であって、筋肉の話は別です。

 

筋肉がつきやすい、つきにくいという差はあったとしても、筋肉の付け方、動かし方次第では、体質を変えることは十分に可能です。

 

筋肉がつき、筋肉を動かしていれば、血流が生まれます。

 

この血流量によって、全身の栄養量が変わりますので、組織作りがすべて変わってきます。

 

そういうことからも、遺伝性の体質に関しては、身体を形成する骨格部分が似ることで、筋肉の動きに工夫がなければ、親からもらった骨格が親と同じ使い方となり、体質が似てしまいます。

 

従って、親と違う体質になりたい場合には、親が使っていない筋肉の動きをできるようにしていくことが、骨の遺伝性による体質を改善する方法になります。

 

 

3-2 内臓の状態

 

内臓にはそれぞれの強さや弱さがあります。

 

この差は、親から受け継ぐことが多いのです。

 

従って、親が病気を発症する頻度の多い臓器の問題を子が受け継ぐことが多いのです。

 

でも、冷静に考えてみましょう。

 

すべての組織は、親から受け継いだままではありません。

 

生まれてきた後は、全て食事で栄養を取り入れ、その栄養素によって、すべての組織が成長していくわけです。

 

そういうことから、親と同じ生活習慣をし続けていれば、同じ身体の問題に侵されることは多いものです。

 

逆から発想すればわかると思いますが、親が好んで食べるものや習慣化している生活習慣をことごとく変えていくことで、親とは違った体質を作り上げることが可能になります。

 

 

 

4.家系による体質から脱却する方法

 

癌家系という言葉がありますが、がんだけではなく、

 

肥満・アレルギー・几帳面・働き者・喧嘩っ早いなどなど

 

その家族特有の特徴があることは多いものです。

 

もちろん、そこには、問題意識がある人とない人がいます。

 

ここでは、『何とか、家系的な問題から脱却したい』というあなたに向けてのお話になります。

 

子は親の背中を見て育つという話があります。

 

そして、長くいた環境内の常識がその人の常識となり身体化していくものです。

 

そういうことから、『ものの見方』『価値判断』『刺激による反応』『なりやすい病気』なども共通事項が多かったりするものです。

 

そして、多くの人は、『血のつながり』の問題だとして、諦めることが多いのです。

 

では、血は何がどのように作っているのでしょうか?

 

100歩譲って、血のつながりによる体質が原因で身体の問題が出ているとしても、これまでの血を変えればいいのではないでしょうか?

 

血を作るのも、血の中に入る栄養素も、あなたが日々取り入れる食事から作られます。

 

要するにこれまで取り入れてきた栄養素を根本から改善してしまえば、あなたの体質は十分可能なのです。

 

「私は実家暮らしで親が食事を作っているから栄養素を変えることができない!!」

 

ということを言う人もいると思いますが、それは、あなたが決めたことですので、それでもいいのではないでしょうか?

 

家を出るのも家にいるのも、親が作った料理を食べるのも食べないのも、すべてはあなたの選択によるものです。

 

家系を変えるということは、ある意味家族の絆を切ることでもあります。

 

家系を守り、同じ病気になることを受け入れても、病気になるための予防や改善策さえ身に着けておけば、何ら問題はないと思います。

 

 

 

5.個性に合わせた体質改善法

 

さて、ここまで体質改善についてお話してきましたが、どのように受け取れたでしょうか?

 

とても面倒なことだと思ったでしょうか?

 

それとも、長年苦しんできた悩みが解決できる方法に飛び跳ねるように喜ばれているでしょうか?

 

確かに作業自体は、大変です。

 

あなたが40歳であれば、40年以上の時代をさかのぼらないと体質が見えてこないからです。

 

もちろん、両親がまだ生存しているのであれば、ヒアリングすることも大事なことになります。

 

そして、日々、これまでの常識を覆す生活をしていくことも重要なことになります。

 

  • 何を真っ先にやって、次には何をすればいいのか?
  • どの方法をどのように取り入れていけばいいのか?
  • 体質改善途中に症状が発症してしまったら、どのように対処していけばいいのか?

 

などなど、たくさんの問題が噴出するのが普通です。

 

とても一人ではこなしきれない『やるべきこと』が出てくるものです。

 

その中で優先順位をつけ、やることを絞りに絞って、ストレスなくスムーズに体質改善していく方法があります。

 

あなたに必要な要素が詰め込まれた音声が毎回手に入るため、その音声通りに生活を勧めていけば、あなたがあなたらしく生きていく中で、

 

『気づいたら体質がいつの間にか改善されていた。』

 

このようなことが現実化されていきます。

 

>>このような体質改善に興味があればこちら

 

 

イイね! 0
Loading...
  2017.05.18
あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
  名
Mail 必須

あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
Mail 必須

ブログランキング

Menu

Copyright ©  CureHouse. All Rights Reserved.