ネット問診票を書く症状の根本原因を知る

自律神経失調症の自己診断方法

キュアハウス院長 中村幸生キュアハウス院長 中村幸生

 

 

自律神経失調症は自己診断が重要になります。

 

何が重要かというと、病院や他者に診断された段階で、自律神経失調症を克服する手段が圧倒的に少なくなってしまうのです。

 

そういう意味で、重要という話をここでしていきます。

 

自律神経失調症は、自律神経が乱れていることを言っているわけですので、自律神経を乱さないようにすることが、自律神経失調症予防には最も大事だということになります。

 

そういうこともあり、自律神経失調症がなかなか治らない理由をこちらで詳しくお話していますので、参考にしていただければと思います。

 

 

自律神経の乱れは、大きく二つの要素がキモになります。

 

 1.生活習慣

 2.肉体の状態

 

当然と感じる場合もあると思いますが、本当の意味でこの二つの状態が重要かどうかを、判断しながら自己診断できるように理解していっていただければと思います。

 

 

1.生活習慣が自律神経を乱す要因

 

自律神経は日常生活の中で、体調管理をしてくれる大事な神経になります。

 

従って、生活が乱れれば、自律神経の乱れにも直結してしまうのが基本パターンであるということを注意しながら読み進めてください。

 

もちろん、自律神経がしっかりと働ければ、生活の乱れも正してくれそうなのですが、

 

生活が体質を作る

 

ということがあり、生活の乱れは体質の乱れの原因ともなるわけです。

 

体質が乱れるということは自律神経が乱れるということでもあるのです。

 

このようなことから自律神経失調症がスタートすることがありますので、十分注意しておく必要があるわけです。

 

 

 

1-1 睡眠時間で自律神経失調症を自己診断

 

睡眠というのは、本来太陽が沈んでいる時間に取るように体内設定されています。

 

要するに、暗い時間帯が睡眠時間と言えるのです。

 

ところが、電気の普及により、いつでも自由に活動できる世の中になり、自律神経の乱れを作る元となりました。

 

また、国際社会となり、海外を行き来する人たちが増えました。

 

時差を飛び越えることが多いということになります。

 

そういうことから、日本国内の時間軸だけでは、身体をコントロールしにくい状況になっているのです。

 

暗い時間に睡眠をとるということは、副交感神経が活動する時間帯もまた暗い時間帯が中心ということが言えます。

 

そういうことから、太陽が昇っている日中の時間帯が交感神経の活動時間となります。

 

このような関係が崩れやすい現代社会だからこそ『自律神経失調症』という病気が増えてしまったわけです。

 

となると、平日休日を問わず、暗い時間帯が睡眠時間になっていて、明るい時間帯に活動の中心時間となっていれば、睡眠による自律神経失調症は回避できているということになります。

 

 

 

 

1-2 食事の時間で自律神経失調症を自己診断

 

睡眠時間がずれればずれるほど、食事時間も睡眠に合わせて取るようになりますので、日々食事時間が違ってしまう可能性が出てきます。

 

空腹を作り食事をとる時には交感神経が働き、食間の何も飲食していない時間帯に消化吸収を行うために副交感神経が働くという活動も自律神経にはあります。

 

このように、日中の交感神経活動時間の中で、細かく、食事や消化吸収のように、交感神経が働いたり、副交感神経が働いたりと、自律神経は細かく体調維持に努めてくれていたりするわけです。

 

そして、食事を規則正しく食べることで、胃の状態を保つことができ、消化吸収の時間を規則正しく保つことで、腸の機能を保つことができるということにもなるのです。

 

こう考えると、日々食事の時間がまちまちであったり、食間の消化吸収の時間帯にもかかわらず、間食をしたりしていれば、自律神経失調症になりやすい環境を作っていることになるわけです。

 

 

 

 

1-3 運動のバランスで自律神経失調症を自己診断

 

運動するために食事をとり、運動で疲労がたまるから睡眠で回復するという考え方があります。

 

また、好きなだけ食べたり飲んだりしているから、余分なものを運動で消費し、しっかりと睡眠時間を確保し消化吸収や疲労回復しなければならないという考えもあります。

 

さらには、運動して疲労がたまった筋肉をそのまま放置していると、固まってしまう習性があります。

 

硬くなった筋肉を触って鍛えられたいい筋肉と考えてしまう人がいますが、それは大きな誤りです。

 

力も入れていないのに固まっていては、筋肉本来の力は十分に発揮することができません。

 

筋肉は柔らかく十分に伸びて初めて、最大の力を発揮してくれるものなのです。

 

従って、日々筋肉や関節の柔軟性を引き出すような運動をしておくことが重要だったりします。

 

筋肉に力が入る時間は交感神経が働き、筋肉から力が抜け緩んでいる時間は副交感神経が働く。

 

このようなところにも自律神経の活動が絡んでいたりします。

 

そういうことから、日々筋肉や関節を動かせていないことが自律神経失調症の原因になっていることが多くあるわけです。

 

 

 

 

2.自律神経失調症が治らない生活が現代病の最大の原因

 

このように、生活管理ということが、自律神経を保ったり乱したりする最大ポイントであることが理解できたと思います。

 

そして、もう一つ、このような生活習慣の乱れによって自律神経失調症が発症しているのであれば、薬で治らないのも想像しやすいと思います。

 

また、病院で、症状の原因を検査で診断してもらおうとしても、『あなたの睡眠時間』『あなたの食習慣』『あなたの運動習慣』まで、カバーできる検査器具はありません。

 

そこまで病院で見なければならなくなれば、医療保険の適用外となってしまいます。

 

そうなると、病院のすべてが保険外となり、単なる風邪でさえ、簡単に病院を受診することができなくなってしまうでしょう。

 

そうならないようにするためにも、自律神経の自己管理というものが非常に重要になってくるわけです。

 

 

 

3.自律神経失調症の自己診断の方法

 

生活習慣に次いで、もう一つ自律神経失調症を自己診断できるポイントがあります。

 

それが、『歪みチェック』です。

 

身体には数多くの骨があります。

 

その骨を自由自在に動かす筋肉があります。

 

けれど、現代社会には数多くの便利グッズが開発され、誰もが楽に生活できるようになったことから、多くの人の身体に歪みができるようになってしまいました。

 

そして、この歪みが自律神経失調症の大きな原因になっていることがあるのです。

 

 

 

3-1 歪みと自律神経の関係

 

自律神経は、背骨から出入りしている神経になります。

 

背骨には、32から34個の椎体が積み木上に重なっています。

 

出典:ヘルペスの原因は?ヘルペスの治療法は?

 

この背骨は一つ一つが絶妙なバランスによって関係を保っています。

 

そして、それぞれの背骨と背骨の間から自律神経が出入りしているわけです。

 

その出入り口の状態が左右差・前後差となって出入りしにくい状況になるのが歪みになるのです。

 

この歪みを確認していくことで自律神経失調症を自己診断することもできたりするわけです。

 

 

 

3-2 立ち方の癖から自律神経失調症を自己診断

 

立ち方というのは人それぞれ癖があったりします。

 

ここでの診断ポイントは、左右差です。

 

片足に重心をかけた立ち方であったり、どこかに垂れかかるような立ち方になりやすかったり、脚をクロスにするような形で立つことが多かったりすると、骨盤が歪み、その上に乗っている背骨も、骨盤の歪みに合わせて歪んでしまうことになるのです。

 

歪みを改善する方法は後程お話しますが、まずは、歪みチェックにより自律神経失調症を自己診断してみてください。

 

 

 

3-3 座り方の癖から自律神経失調症を自己診断

 

立ち方と共に、歪みを作りやすいのが座り方になります。

 

車の運転やソファーに座る機会が多い場合には、背骨の前後差に歪みが起こっている可能性があります。

 

また、片側のひじ掛けに、寄り掛かったり、脚を組んで座ったり、椅子の下の環境が悪く、脚をどちらかに寄らせなければならないなどから立ち方と同じように骨盤が歪み、骨盤の上に乗っている背骨が歪んでしまうということが起こるわけです。

 

 

 

3-4 寝方の癖から自律神経失調症を自己診断

 

もう一つ目安になる診断方法が、寝方になります。

 

仰向けやうつ伏せで寝ている場合の、脚の形に左右差があったり、片側を向かなければならない身体の癖があったりするのは、背骨や骨盤、肩甲骨などに歪みがある目安となります。

 

肩甲骨の歪みだけであれば、自律神経失調症の原因にはならないのですが、大抵の場合、肩甲骨が歪むと肩甲骨の高さにある背骨も歪んでしまうことが多く、自律神経失調症を発症する場合もありますので、参考にしてください。

 

 

 

 

4.背骨や骨盤の歪みを診断し修正する方法について

 

歪みを診断し、修正する方法は、整体師やカイロプラクターなどの仕事と感じる人もいると思いますが、ここで話すのはあくまでも自己調整可能な範囲となります。

 

とはいえ、整体やカイロプラクティックで歪みが正されるのかというと、必ずしもそうではないので、こちらの記事を参考にしてもらうと良いかと思います。

 

 

 

4-1 足踏みだけで骨盤や背骨の歪みを簡単に自己診断する方法

 

骨盤や背骨の歪みを簡単に自己診断するには、いたってシンプルな運動で確認可能です。

 

それが、【立った状態で目を閉じ、その場で足踏みする】ということで診断可能です。

 

足踏みする前に立っていた位置から全く動かずに足踏みできれば『歪みはない』と判断できます。

 

目安として、1分程度足踏みを行って診断のヒントにしてみてください。

 

また、歩ける範囲がある場合には、真っ直ぐ数mから数十m目を閉じて歩いてみると、さらに正確な診断が可能になります。

 

 

 

4-2 立つだけで骨盤や背骨の歪みを簡単に自己診断する方法

 

まずは、両足で立ち、目を閉じてみてください。

 

1分間ぐらつかずに立てる場合には、片足で立ってみましょう。

 

もちろん、目を閉じて行ってください。

 

その際、片足3分、両足共に、ほぼぐらつかずに立てた場合には、歪みから起こる自律神経失調症はほぼないと判断していいでしょう。

 

しかし、目を閉じた瞬間に世界が変わるほどの違和感を感じたり、1分も立ち続けられない場合には、歪みが多くの原因となっている自律神経失調症であるということが理解できます。

 

 

 

4-3 骨盤や背骨の歪みを簡単に自力改善する方法

 

ここまで上げた様々な歪みを一気に改善で来てしまう方法があります。

 

それが、【片脚閉眼立ち】です。

 

そう、歪みの診断方法として、ご案内した方法がそのまま改善方法にもなるのです。

 

どうすればいいかというと、『片脚で3分立ち続けるようにする』ということ。

 

歪みがあれば立ち続けることができず、立ち続けられるようになれば、多くの歪みが改善できたという目安になるのです。

 

もちろん、自律神経失調症の症状として、めまいや浮遊感がある場合には、片脚で目を閉じることがなかなかできません。

 

その場合には、まず両脚で立ち続けることを頑張ってください。

 

両脚の場合は、5分を目標に行ってください。

 

普通に5分こなせるようになったら、両脚の位置関係を変えて再チャレンジしてください。

 

足幅を広げたり、狭めたり、前後に開いたりしても5分ブレずに立てるようになってから片脚閉眼立ちに移行するようにしてください。

 

片脚閉眼立ちから始められそうな人であっても筋力不足やバランスの悪い場合が多いと思いますので、まずは、何度足をついてもいいので、合計で3分続けて行うようにしてみてください。

 

そして、3分間こなせる筋力がついてきたら、一度も足がつかずに立ち続けられるように訓練してください。

 

大抵の場合、片脚1分半ほど支えられるようになれば、多くの自律神経失調症の症状が落ち着いてきていると思います。

 

 

 

 

この記事を書いている人
キュアハウス鍼灸治療院 中村幸生

キュアハウス鍼灸治療院 院長。
病院に通うたびに、薬だけが増え、検査をしても『原因不明』と言われる痛みや症状を、ただ取り除くような治療ではなく、生活習慣を見直し、患者さん自身が自力で治すための手段を手に入れ、2度と同じような目に合わないような身体と習慣を身に着けられる治療と情報を提供。

これまで、20年以上に渡り、数々の治療院で経験を積み、施術の実績は80,000人以上。口コミが口コミを呼び、2016年のリピート率は98.7%。

院長の詳しいプロフィール
著作
イイね! 0
Loading...
  2018.07.30
あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
  名
Mail 必須

あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
Mail 必須
あなたを悩ます症状は?決定版!症状別改善ポイント集を無料プレゼント中!

ブログランキング

Menu

Copyright ©  CureHouse. All Rights Reserved.