ネット問診票を書く症状の根本原因を知る

自律神経失調症がなかなか治らない理由

 

 

自律神経失調症は現代病の代表格になります。

 

現代病というのは、現代社会が原因となる病気ということになります。

 

従って、現世に生きている以上、自律神経失調症になるのは仕方ないといっても過言ではない病気と言えるのです。

 

とはいえ、自律神経失調症は様々な症状であなたを苦しめていると思います。

 

そういうことから、あきらめざる終えない『治らない理由』を掲げながら、何をどうすれば、自律神経失調症を克服することができるのかを説明していくことにします。

 

 

1.自律神経とは

 

自律神経とは、脳と身体をつなぐ重要な神経の一部です。

 

脳からの指示を身体に伝え、身体からの情報を脳に届ける。

 

その重要な役割の中から、内臓や体温調整など、生きていくために重要な内臓や器官と脳をつなぐ役割があります。

 

その自律神経には【交感神経】と【副交感神経】という二つの神経があります。

 

この神経が正常に働くことで、安全に生きていくことができる【自然治癒力】を発揮することができるわけです。

 

 

 

 

2.交感神経とは

 

自律神経の中で交感神経という神経の活動には、常に高める役割があります。

 

高めるというのは、行動量、行動内容、行動速度、感情、体温、血圧、心拍数などなど、あらゆるものを高める作用により、身体を減退させないように調整しています。

 

いわゆるうつ状態から救い出す重要な神経でもあります。

 

風邪の時に、早めに風邪のウイルスや細菌などをやっつけてくれる役割もあります。

 

交感神経が働かなければ、食事もとれず、感情を表したり、運動したりすることもできません。

 

それでけ重要な神経でもあります。

 

 

 

3.副交感神経とは

 

自律神経の中で、交感神経とは対極の役割があるのが副交感神経です。

 

日中の活動は交感神経がほぼ請負、その中で得られた情報を脳、筋肉、内臓などに身体化していく役割が副交感神経になります。

 

そういうことから、活動の交感神経と、睡眠や休息の副交感神経という違いで説明されることが多い神経と言えます。

 

身体を守るために最も重要な睡眠という活動がありますが、この睡眠は副交感神経が優位に活動する唯一の時間帯になります。

 

この睡眠中には、身体を守り、回復し、強化する働きを副交感神経が機能することで可能にしているわけです。

 

 

 

4.自律神経失調症とは

 

自律神経失調症とは、これら自律神経の働きの中で、交感神経と副交感神経が相互関係として働けなくなった状態を表す状態なわけです。

 

先に書きましたが、自然治癒力を表す神経でもあるのが自律神経ですので、その重要な神経が乱れてしまえば治らないのが当然だと理解できるのではないでしょうか?

 

病院で出される薬も、健康情報などで人気の高いサプリメントも、自然治癒力である自律神経に効果の大部分を委ねているところがあります。

 

しかも、現代社会では、睡眠時間をしっかりと取れるような環境にありません。

 

睡眠時間が取れないということは、人体に溜まった疲労回復や病気や壊れかけた様々な機能を調整する副交感神経を十分に働かせることができないということになります。

 

この状態で治るのであれば、そもそも人体に自律神経という存在理由がなくなってしまいます。

 

人体という優れた塊をいつでも機能的に使いこなすためには、自律神経の働きは欠かせません。

 

 

 

5.自律神経を乱す食事を好む現代人

 

睡眠だけでなく、食事の面でも、現代社会では、自律神経を乱す大きな原因になっています。

 

古くは、「三度の食事を規則正しくとりましょう。」という教えがありました。

 

けれど、今は、やるべきことが多くなりすぎ、自由に食事の時間を決めれなくなっている人たちが増えてきました。

 

それだけでなく、普段の疲れを休日にまとめて回復しようとしたり、普段のストレス発散をまとめて休日に開放させたりする人たちが増え、その結果、生活のバランスが乱れる状態になってしまっているのです。

 

食事は、交感神経が働くことで、空腹を作り、食事をとるわけですが、一旦身体の中に入った食べ物は、副交感神経が働くことで、消化吸収を進めることができ、その結果、各細胞に栄養を運ぶことができるようになるのです。

 

先に述べましたように、睡眠時間が少なくなればなるほど、消化吸収の時間が無くなります。

 

なのに、多くの消化時間を必要とする、『炭水化物』や『タンパク質』を好む食習慣が育ってしまいました。

 

これは、あらゆるレストランや食堂のメニューからも明かです。

 

消化吸収すべき睡眠時間を抑え、活動する時間が長くなればなるほど食べたり飲んだりする機会が増えるわけですから、どんどん副交感神経が働かざる終えない体内環境になるわけです。

 

その結果、様々な症状が発症し、その症状たちの塊を不定愁訴とひとくくりにしていた時代を超え、現代では『自律神経失調症』と名づけ、現代医療(西洋医学)では、治りにくい病気の筆頭に挙げられているわけです。

 

ただ、医療者もそれだけでは終わりにしません。

 

様々な症状に対抗するように、それぞれの症状をなくす薬を多く作り上げ、対症療法に勤しんでいるわけです。

 

西洋医学が対症療法を行うということは、『治らない』と宣言したようなことでもあるのです。

 

 

 

6.交感神経を活動する時間に見合った運動量がないのも自律神経失調症の元

 

そもそも、交感神経は活動するための神経です。

 

女性は考えをめぐらすという使い方でも大きな問題にならずに済みますが、男性はそう簡単ではありません。

 

男性は、家族を守るよりも、日々の食料を調達するために、動物や獣と戦い勝つために女性よりも筋肉が付きやすくなっています。

 

要するに、動くことが重要な体質をもって生まれてきているといえるのです。

 

そのため、男性陣は、女性よりも運動不足により自律神経失調症になることが多い状態にあります。

 

運動不足による肉体に、薬やサプリメントは無効果です。

 

従って、病院で自律神経失調症を見てもらったり、健康情報から自分に必要なサプリメントを購入したりしても、

男性の場合、治らないことが多いのです。

 

なぜなら、食べたり飲んだりしているだけでは筋肉がついたり機能したりしないのですから。

 

となると、女性陣は運動不足でも問題ないかというと、現代社会では、家庭の主力は女性だったりします。

 

しかも社会においても女性が主力を握ろうとしています。

 

要するに、女性が男性社会にも進出してきたことになるのです。

 

そうなると、男性的な性質が求められるようになるので、やはり筋肉というのは切っても切れない関係になってしまうのです。

 

そういうことから、運動不足からの筋力低下は、自律神経失調症の大きな原因となり、不足した筋肉を強化し、機能させる日常を取り戻さなければ、自律神経失調症は治らないともいえるのです。

 

 

 

この記事を書いている人
キュアハウス鍼灸治療院 中村幸生

キュアハウス鍼灸治療院 院長。
病院に通うたびに、薬だけが増え、検査をしても『原因不明』と言われる痛みや症状を、ただ取り除くような治療ではなく、生活習慣を見直し、患者さん自身が自力で治すための手段を手に入れ、2度と同じような目に合わないような身体と習慣を身に着けられる治療と情報を提供。

これまで、20年以上に渡り、数々の治療院で経験を積み、施術の実績は80,000人以上。口コミが口コミを呼び、2016年のリピート率は98.7%。

院長の詳しいプロフィール
著作
イイね! 0
Loading...
  2018.07.28
あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
  名
Mail 必須

あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
お名前 必須
Mail 必須
あなたを悩ます症状は?決定版!症状別改善ポイント集を無料プレゼント中!

ブログランキング

Menu

Copyright ©  CureHouse. All Rights Reserved.