• 頭痛・頭の症状
  • 足首捻挫や痛み・症状
  • 複合症状
  • 自律神経失調症
  • 膝の痛み・膝関節症
  • 腰痛・ぎっくり腰
  • 背中の痛み・歪みや症状
  • 胃の痛み・胃炎・胃潰瘍・逆流性食道炎
  • 肩の痛みやコリ
  • 睡眠障害・疲労感
  • 生活習慣病
  • 治療理論・治療院情報
  • 不妊症・生理不順・出産後の諸症状
  • その他の痛み
  • その他の症状
  • その他の病気
  • あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
    お名前 必須
    Mail 必須

    Menu

    冷えから生まれる様々な痛みについて

     

    冷えてくると、

     

    • 腰が痛い
    • 膝が痛い
    • 肩が痛い

     

    なぜ、身体が冷えてくると、関節や筋肉が痛み始めるのでしょうか?

     

    今回は、冷えとはどのような状態を表し、冷えからどのようにして痛みが生まれるのかを解説していきます。

     

     

    1.体温とは?

     

    体温とは、血液量と血液循環の速度で決まります。

     

    特に、血液中の赤血球の数が多ければ多いほど、体温は上がります。

     

    逆に、血液の流れが遅かったり、流れている血液量が少なければ、体温が低いということになります。

     

     

     

    2.冷えとは?

     

    それでは、次に、冷えという事を考えてみましょう。

     

    冷えは、体温が低いということと同義ではありますが、実はそれだけではありません。

     

     

     

    2-1 2種類の冷えについて

     

    冷えには2種類のタイプがあります。

     

     1)体温が低くなる7つのタイプ
     2)熱と冷えが混在するタイプ

     

    まず、

     

     

    1)体温が低くなる7つのタイプ

     

    体温が低くなるということは、血液量が少ないか、血液の流れが悪くなるかということになりますが、もう少し詳しくみていくと、以下のような状態を表します。

     

    1. 筋肉が細すぎて静脈を圧迫できず血液を流せない
    2. 静脈を圧迫するための筋肉が固まっていて血液を流せない
    3. 血管が細くて血流量が少なくなっている
    4. 心臓の働きが悪く血液を十分に流せない
    5. 姿勢の問題で筋肉や関節が圧迫されていて血流の妨げとなっている
    6. 血液を生み出す能力が低下している
    7. 血液を作る栄養成分を十分に吸収できていない

     

    などがあります。

     

    次に、

     

     

    2)熱と冷えが混在するタイプ

     

    例えば、脚を骨折したとします。

     

    骨折した場合、炎症が激しい状態になります。

     

    炎症があるという事は、熱があるということです。

     

    従って、感覚的には、熱いというのが正しいはずです。

     

    ところが、骨折をすると、意外と寒気がする事があります。

     

    これは、炎症を抑えるための身体の防衛反応なのですが、炎症部位を修復するためには、血液が大量に必要になります。

     

    しかし、血液が大量に集まってしまうと、熱感はもっと強くなり腫れてしまいます。

     

    熱感がひどくなると炎症も激しくなってしまうので、実際はアイシングなどで、血液の流れを一時的に止める必要が出てきます。

     

    かといって、それで患部が治るかというと治るわけではありません。

     

    本能的には、アイシングされている部分には近づけないけれど、患部修復に向けて、全身から血液を集める必要があります。

     

    骨折した患部に血液が集中している間、他の部分ではどのようなことが起こっているでしょうか?

     

    そうですね。

     

    血液が足りなくなってしまう危険性があるのです。

     

    血液が足りなくなれば、冷えという感覚が生まれるわけです。

     

    このように、どこかが急に熱くなれば、そこと真逆の部分では往々にして冷えるという減少が起きるのです。

     

    冷えのぼせという現象も同じような原理になるわけです。

     

     

    さて、ここからが本題となります。

     

     

     

    3.身体が冷えて関節や筋肉に痛みが出る原理

     

    冷えというのは、痛みの元でもあります。

     

    中医学には、【不通即痛】という考え方があります。

     

    ”流れが止まれば即ち痛む”ということですね。

     

    脳梗塞や心筋梗塞での激痛がこの原理を物語っています。

     

    梗塞とは、血液の流れが止まってしまったことを言います。

     

    それが、脳や心臓だと激痛を伴い死をまねくことが多いわけです。

     

    この様な流れを止めてしまう危険性のある状態もまた冷えに近いわけですが、ほとんどの場合は、慢性的な痛みを表していることが多いのです。

     

    慢性化している部位は、筋肉が少なくなっているか、固まっているかのどちらかです。

     

    要は、血液の流れが悪くなり、冷えるパターンになっていることが多いのです。

     

    そもそも、流れが悪くなる要素を備えている場所が、クーラーや気温低下により冷やされることで、他の場所と比べ、さらに冷えやすくなると、当然ですが痛むリスクが増えるわけです。

     

    身体が、冷えてくると血圧が上がったり、心拍数を上げることで、血液の流れを早くしようと身体は本能的にします。

     

    けれど、いくら血液が流れてきても、血管が細くなっていたり、筋肉の働きが低下していて、血液を流す力がない場所では、どんどん血液が溜まってきます。

     

    血管内に、血液が溜まってくると、血管が張り裂けそうに、膨らんできます。

     

    これもまた、冷えによる痛みになるわけです。

     

    血液の流れが悪ければ、細い血管や細かい毛細血管の中でところどころさらに流れを悪くします。

     

    すると、さっきはこちら、今はここ、みたいな感じで、痛みが移動したりするわけです。

     

     

     

    イイね! 0
    Loading...
      2017.02.16
    タグ: | | |
    あなたの症状が治らない9つの理由 無料プレゼント中
    お名前 必須
      名
    Mail 必須

    Copyright ©  CureHouse. All Rights Reserved.